病院活動状況

こわれたおもちゃを直したい 家庭でできるおもちゃ診断 おもちゃドクターになりたい

病院活動状況

巡回おもちゃ病院や訪問診療をメインとする活動形態は、いかが?

投稿時間:2016年07月02日 15:03

こわれたおもちゃは「ゆりかご」へ! を合言葉に、巡回おもちゃ病院と訪問診療をメインにした「おもちゃクリニック」を始めます。

以前から温めていた構想で、お客様の身近な場所(あちこち)に、「ゆりかご」を置かせていただき、おもちゃドクターはそこまで行って治療して廻るというシステム。

定年退職を機に、いよいよ具体的な形にして活動開始です。
既存の「おもちゃの病院」とお客様の取り合いにならないように、むしろ相互に連携しながら、まずは、少しづつ活動していきます。

新潟県糸魚川市での開設前後の様子をブログで公開中です。

「 おもちゃクリニック ゆりかご 日記」
http://blog.canpan.info/yurikago/


コメントの投稿

コメントの投稿には会員ログインが必要です。 会員ログインはこちら>>

コメント一覧(新しい投稿順)

  1. おもちゃ病院会員 より:

    初めて訪問診療の「予約申込」あり、週末の土曜日に訪問しました。
    http://blog.canpan.info/yurikago/archive/9
    ◆2016年8月6日 8:30~10:30
    ◆田伏「いくみ保育園」=いくみ病院

    ※診療状況の詳細は、→おもちゃ修理の電子カルテを参照ください。
    http://blog.canpan.info/charts/archive/110

  2. おもちゃ病院会員 より:

    「のう病院」の立地は、最適です。当クリニックのブログをご参照ください。
    http://blog.canpan.info/yurikago/archive/5

    「ヒーローが帰ってきた!」 →修理結果は、下記の電子カルテ参照。
    http://blog.canpan.info/charts/archive/108

  3. おもちゃ病院会員 より:

    糸魚川市田伏の「いくみ保育園」にお願いして、
    当クリニックの「ゆりかご」を設置させていただきました。

    「いくみ病院」として、今月から、
    こわれたおもちゃの回収をスタート!

<<前のページへ戻る

ページの先頭へ